最終決断 | 勝Don日記2015 Don長谷川のガチンコ予想ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

投稿者 スポンサードリンク | 2014年12月31日

東京シンデレラマイルの決断!

 果たして、今年のシンデレラはどの馬か
マイル女王決定戦に決断の時でございます。

まずは人気の11番ノットオーソリティでございますが、ロジータ記念を強い勝ち方で優勝。この馬を切るとしたら、まず鼻で笑われそうでございましょ?
でも、これまで3歳馬は2着が精一杯なのと、お話してきたように、クラシックに好走歴のある馬は苦戦の歴史なのでございますョ。
11年に1番人気で3着となったマニエリスム東京プリンセス賞勝ち馬)をどう評価するか。馬券圏内に届いた?それとも3着に敗れた?
どちらの考え方に立つかで、取捨選択は変わってくるのかなと。あなたはどうお考えになりますか?
まだ迎えて8回目の重賞ではございますが、前年の好走馬が再びの好走を見せるのも特徴のひとつで。
そんな意味では、1番レッドクラウディアでございましょう。
昨年は58キロで2着。今年も58キロですが、振り返れば、57キロで07年にベルモントノーヴァが、11年にテイエムヨカドーが勝ち、58キロで10年にはザッハーマインが1着、12年にマニエリスムが3着、そしてレッドクラウディアが昨年2着。重い斤量は強さの証しでもございます。
転入初戦となった昨年と違って、今回はクイーン賞をステップに臨むあたりにも好感が持てますからねっ。8着からの巻き返しに期待でございますっ。

わたくし、この1番レッドクラウディアが3着以内に頑張ったなら、Donピシャ!」と叫ばせて頂きますっ。
冬の白い吐息が、虹色に輝くか?
ご期待下さいませ〜っ。
Dooo〜n!
投稿者 Don長谷川 | 2014年12月29日 20:18

東京大賞典の決断!

 さぁ、東京大賞典に決断の時でございます。
 
前回挙げたJRAの5頭と、南関東の1頭。この中に馬券対象の有力馬がいるというのが大方の予想でございますよね。
その中から、どの馬にどんな印を打って、最終的にどんな馬券に落とし込むのか。今年の東京大賞典は、絞り込みが難しいレースとなりました。
人気を集めているのが、6番ホッコータルマエ昨年のこのレースの覇者で、JBCクラシックこそ4着も、前走チャンピオンズCで優勝したこの馬が、人気通り、一番強いのではないかと思うのでございますが、ここでは馬券的妙味のある馬の名前を挙げておきたいと存じます。
 
まずは好走を見せるJBCクラシック連対馬の1頭、2番クリソライでございます。ジャパンダートダービー圧勝の馬で、大井の砂が合わないはずがなく、中央のダート重賞での敗戦続きが、返って美味しい馬券に繋がるのかなと。
 
でも、もう1頭が12番ハッピースプリント。この馬には、今年1年、たくさんの夢を見させて頂きました。
前走の敗戦がちょっぴり引っ掛かりますが、ここは地方代表として頑張って頂きたいと。

元々、「東京大賞典に出てきたら、中央の強豪相手にどんな競馬をするのだろう」とワクワクしていた馬。今回は12番ハッピースプリントを推奨馬とさせて頂きます。
この馬が3着以内に頑張ったら、わたくし「Donピシャ!」と叫ばせて頂きますっ。
さぁ、3日連続重賞の初日を「Donピシャ!」で飾れるかどうか?
ご注目下さいませ〜っ。
 
それではTCKでお会いしましょう!
Dooo〜n!
投稿者 Don長谷川 | 2014年12月29日 12:28

勝島王冠の決断!

 1番人気が強い勝島王冠
その1番人気には、1番ハッピースプリントが推されそうでございます。
昨年の2歳チャンピオンにして年度代表馬、南関東クラシック2冠、JDDは惜しくも2着でございましたが、タイム差なし。ひと夏越えて、この好素材がどう成長しているのか、とっても楽しみでございます。
これでサンドイッチの上のパンと具は提示できました。さぁ、下のパン(笑)。
人気の読みが難しいのですが、わたくし、12番ツルオカオウジを推してみたいと思います。

2ケタ人気とはいかないまでも、6、7番人気?
実はこのレース、2、3歳時の重賞実績馬が好走する傾向にございまして。
12番ツルオカオウジは3歳時に黒潮盃を勝っております。
そして3年前の2着馬でもあるんですね。
重賞は14戦して、優勝こそ先程の黒潮盃のみでございますが、10回掲示板に載っていて、2、3着なら十分に望めるかなと。
前走は重賞のマイルGP5着でございますから、好走のデータも満たしております。
という訳で、馬券は3連単!

あ、チラッと気になる転入初戦、14番モンテエンの3着付けもちょっぴり押さえつつ(笑)。
わたくし、12番ツルオカオウジが3着に来たら、DONピシャ!」と叫ばせて頂きますっ。
 
1、2着だったらどうするんだと言われそうでございますが(笑)、ま、その時も叫ばせて下さいませ〜(笑)。
それではTCKでお会いしましょう!
Dooo〜n!
投稿者 Don長谷川 | 2014年11月24日 15:46

ハイセイコー記念の決断!

 さぁ、ハイセイコー記念に決断の時でございます。

今年は′14ゴールドジュニアー組以上に魅力的な鎌倉記念組というお話をしましたが、鎌倉記念優勝馬の12番オウマタイムは道営出身の馬。ところが、道営出身の馬はこのレース、過去10年で14頭出走して3着が1度だけ。なぜか苦戦の傾向にあるのでございますよ…。
6番ビービーキャリバーなども北海道からの転入馬。ジンクスを破らねばなりません。
となると、鎌倉記念2、3着の10番クールテゾーロ8番ラッキープリンスが、押し出されるように浮上して参りますか。この2頭には魅かれますよねぇ。
 
今回は人気が割れそうで。おそらく、どこから入っても美味しい馬券になりそうではございますが、人気薄だと思ったら人気だったり、人気になるだろうと思ったら意外と人気がなかったり。カギを握る2番人気馬共々、人気の推移には目を光らせる必要がありそうでございます。
 
で、わたくしはと言うと、7番ヴェスヴィオを穴に推したいと存じます。
前走は′14ゴールドジュニアーで3着。勝ち馬とは、1/2+3/4馬身差。前々走の4着がちょっぴり気にはなりますが、馬場が悪過ぎたのかも?キャリアまだ3戦の、伸びしろに期待でございます。
 
過去10年、ゴールドジュニアー出走馬から〔444〕でございますから、この相性のよさはやはり特別かなと。人気上位馬の間に、割って入って頂きたいものでございます。
というわけで、わたくし、7番ヴェスヴィオが3着以内に頑張ってくれたならDONピシャ!」と叫ばせて頂きますっ。
“天高く、馬肥ゆる秋”。
わたくしも馬券で懐を肥やしたい…(笑)。
それでは三浦春馬さんも来場する、ハイセイコー記念のTCKでお会いしましょう!
Dooo〜n!
投稿者 Don長谷川 | 2014年11月11日 09:30

マイルGPの決断!

 さぁ、マイルGPに決断の時でございます。

マイル以下の重賞勝ちがある3頭。
中でも、11番セイントメモリーは重賞4勝馬。実績では最上位でございますが、いかんせん斤量が59キロ。この馬、最も重くて57.5キロまでしか背負ったことがございません。これがどう響くのか、あるいは響かないのか。こればかりはやってみないとわかりません。
 
16番トーセンアドミラルも、マイル重賞3勝の実力馬。この馬も昨年は57キロでこのレースを優勝、今年は58キロ。この斤量も初なのでございますよ…。前走の8着はそれほど不安視しなくてもいいかもしれませんが、今回は大外枠。こちらの方がやや心配かと。
ならば、全7勝、マイル重賞勝ちがあって、’14ムーンライトC2着から臨む1番ゴーディーに、一番条件は揃ったかなと。

前走時、馬体重492キロの大型馬。今回、斤量57キロ。逃げたい馬にうってつけの1番枠。う〜ん、怖いぐらい揃いました(笑)。

おそらく人気は4番グランディオーソなどに譲るはず。その4番グランディオーソは3着を外したことのない素質馬でございますが、重賞勝ちがない…。
今回は1番ゴーディーに分があるような気が致します。
ここから8番人気以下の馬にズラ〜ッと流してみる。あるいは1番ゴーディー4番グランディオーソで、8番人気以下の馬をサンドイッチにした3連単フォーメーションなんていかがでございます?
わたくし、1番ゴーディーが勝ったなら、「DONピシャ!」と叫ばせて頂きますっ。馬券も楽しみっ。
マイルGPは是非とも生観戦で!
TCKでお会いしましょ〜っ。
Dooo〜n!
投稿者 Don長谷川 | 2014年10月21日 09:57

レディスプレリュードの決断!

 華やかなレディの戦いに決断の時でございます。
中心となるJRA勢。

データが推すところのスパーキングレディーC組でございますが、勝った1番サウンドガガの良績は、実は短距離戦に集中してるのでございます。
小回りコースゆえ、1Fの延長は大丈夫かもしれませんが、影響する可能性も考えておく必要はあるのかなと。
 
その1番サウンドガガとクビ差2着の4番カチューシャは、2月の小倉では3番サンビスタの2着に敗れており、その3番サンビスタ6番ワイルドフラッパーと勝ったり負けたり…。
この2頭が前走ブリーダーズGC組でございますから、今年はスパーキングレディーC組以上にブリーダーズGC組を重要視すべきかもしれません。
でも、こうしてあれこれ足し算、引き算で比べて考えるのなら、俄然浮上してくるのが7番ピッチシフターでございます。
 
昨年のJBCレディスクラシックでは、地方馬最先着の4着。
今年4月のかきつばた記念では、JRAの牡馬も混じる中での4着。
さらにさらに、前々走のサマーチャンピオンでは、ガンジスタイセイファントムらに先着の2着でございますから。
これは評価に値する強さでございましょ?
地元名古屋では1900mにも勝ちがございますから、距離も不安はございません。
 
わたくし、この7番ピッチシフターに地方馬の夢を賭けてみたいと思いますっ
7番ピッチシフターが3着以内に頑張ったら、「DONピシャ!」と叫ばせて頂きましょう。
さぁ果たして、東京盃の雪辱となりますでしょうかっ。
ご期待下さいませ〜っ。
Dooo〜n!
投稿者 Don長谷川 | 2014年10月02日 09:51

東京盃の決断!

 さぁ、“電撃の6F”東京盃に決断の時でございます。
まずはJRAからの5頭でございますが、近2走とも掲示板を外している11番タイセイレジェンドはデータ的には“逆風”でございます。一昨年の2着馬で、昨年の優勝馬ですが、エイッとばかりにバッサリ(笑)。
 
斤量が前走と変わらない6番シルクフォーチュンと、ダート1200m以下に勝ち星の無い1番ドリームバレンチノも、重箱の隅をつつくようではございますが、やや減点対象と見ると、残るのは4番セイクリムズン5番ノーザンリバー
この2頭の比較では、前走で好相性のプロキオンS4着だった5番ノーザンリバーを上位に取りたいと存じます。4月の東京スプリントでも5番ノーザンリバーが、4番セイクリムズンを2着に退けていますからね。
中央勢からは5番ノーザンリバーを推奨致しましょう。

でも、たぶん、おそらく、いや間違いなく1番人気?
1番人気で“DONピシャ”もないでしょうということで(笑)、もう1頭、データが推すところの“アフター5スター賞勝ち馬”2番サトノタイガーを挙げておきたいと思います。南関東の意地。是非馬券圏内に食い込んで頂きましょっ。
この2頭で、もしワイドを買って当たったとしたら、DONピシャ!」と叫ばせて頂きます!
結果やいかに?
お楽しみに〜っ。
Dooo〜n!
投稿者 Don長谷川 | 2014年09月30日 19:43

東京記念の決断!

 さぁ、東京記念に決断の時でございます。
過去のこのレースの好走馬は6番カキツバタロイヤルただ1頭。しかし近走成績がパッと致しません…。
2000mですが、今年の大井記念を勝った1番サミットストーン
転入初戦を勝った7番ユーロビートは、中央のダート中長距離実績馬。
人気はこのあたりでこざいましょうか。

わたくし、その次ぐらいの人気と読んで、12番スマイルピースを指名したいと存じます。
「ベテランが頑張ると言っておきながら、3歳馬かいっ」とお叱りを受けそうではございますが(笑)、12戦して〔6411〕。最長2000mまでしか経験がないのは“未知の可能性”ととらえたく、若駒の伸びしろに期待を致しました。

先ほどの6番カキツバタロイヤルもそうですが、個性的なレースゆえ、相手は手広く。
好相性のサンタアニタT組の4番ツルオカオウジ11番フォーティファイドスパーキングサマーC組の5番プレファシオ9番ジェネラルノブレスまで、できれば人気馬と上手く馬券を組み合わせてみたいと思います。
わたくし、12番スマイルピースが3着以内に来たならば、「DONピシャ!」と叫ばせて頂きますっ。果たして夢は叶うのか?ご注目下さいませ〜っ。
 
東京記念15日(祝・月)の11R、発走予定時刻は17時15分
ちなみに1Rは11時30分発走予定でございます。いつもと違うのでお間違いなく〜っ。
それじゃ、3連休の最終日、TCKでお会いしましょう!
Dooo〜n!
投稿者 Don長谷川 | 2014年09月14日 17:07

アフター5スター賞の決断!

 さぁ、馬券的妙味がありそうな、アフター5スター賞に決断の時でございますっ。
前回もお話し致しましたが、人気馬の信頼度がそれほど高くないのが今年のこのレース。
ならばデータが推すところの’14シーサイドCの勝ち馬、4番サトノデートナでいいのかもしれませんが、ちょっと待てよと(笑)。さらに面白い馬がいるではありませんか。
それは…
10番メリーウェザーでございます!
前走、B3の特別勝ち。格下の4歳牝馬と侮ることなかれ。その前走の勝ち時計1分12秒0は、3日前に行われた’14シーサイドCの、4番サトノデートナの1分12秒2を上回る時計。
 
アフター5スター賞の優勝タイムは1分11秒台半ばであることが多く、時計を少し詰める必要があるとはいえ、前走が54キロ、今回は51キロ!重賞の流れに戸惑わなければ、それも十分可能かなと。
中央では5戦して未勝利で南関東へ移籍し、初戦こそ9着に敗れましたが、その後は2、1、2、1着。まだ10戦のキャリアしかなく、伸びしろがありそうなところにも期待が持てる1頭でございます。

わたくし、この10番メリーウェザーが3着以内に来たら、DONピシャ!」と叫ばせて頂きますっ。

さぁ、2重賞続けての「DONピシャ!」なるか?ご注目下さいませ〜っ。
それでは8月最後の重賞を、去りゆく夏を、TCKで満喫致しましょう!
お待ちしてますよ〜っ。
Dooo〜n!
投稿者 Don長谷川 | 2014年08月26日 09:33

黒潮盃の決断!

 さぁ、黒潮盃に決断の時でございます!
どの馬にもチャンスがありそうな今年の黒潮盃

前回お話した他地区の2頭、4番トーコーガイア6番オールラウンドも面白い存在かと思います。
実績上位と言える馬が不在というメンバー構成ゆえ、東京ダービー2着の9番スマイルピース羽田盃2着でジャパンダートダービー6着の5番ドバイエキスプレあたりに注目が集まるのでございましょうか。
 
特に9番スマイルピースは、1月のゆきやなぎ特別で、8戦7勝、2着1回で優駿スプリントの優勝馬アピアを破っているんですよね。あのレースはマイル戦でございますから、怪物スプリンターのピアには距離的ハンデがあったかもしれません。ただ、あの馬に1秒2の差をつけて勝つとは…。
後で気付いて後悔しましたが、なるほど東京ダービー2着も納得でございました。
おそらくこちらは人気になるはず。
そこでわたくしが推奨したいのは、“出走してきたら注意”と申した牝馬の、1番ヴァイスヴァーサでございます。
前走、中央から大井に移籍して、10番ツルマルブルースの2着。この10番ツルマルブルースは、東京ダービー5着、クラウンC3着、東京湾C5着と、重賞でも入着してきた馬。通用する力はあると陣営はニヤリとしたはず。
あのレースを見ていて思ったのは、「脚を測ったな…」ということなのでございますよ。 
今回も手綱を取る本橋騎手が、かなり後方から直線だけの競馬。れで10番ツルマルブルースと3/4馬身差でございますからね。今回はこの強烈な末脚をどこから使うか、計算してのレースになると思います。
元より陣営は「黒潮盃目標」を公言して参りましたからねっ。
人気の盲点でいて欲しい…。わたくし、切に祈っております(笑)
 
というわけで、1番ヴァイスヴァーサが3着以内に来たなら、わたくし「DONピシャ!」と叫ばせて頂きます!
久しく叫んでおりませんですねぇ(笑)。
 
さ、冷たいビールが美味しいTCKにどうぞお越し下さいませ〜
お待ちしておりますっ。
Dooo〜n!
投稿者 Don長谷川 | 2014年08月13日 14:55

Don長谷川プロフィール

  • 名前:Don長谷川
  • 出身:九州のほう
  • 年齢:不詳
  • 口癖:Doooooon!
  • 星座 :カツ丼、その他丼もの
  • 座右の銘:野球は2アウトから
  • 趣味:カラオケ
  • 特技:即興演歌

日付アーカイブ

  2017年07月  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

カテゴリ

リンク

その他


-->